福島ホープス、今季の飛躍誓う 開成山大神宮で必勝祈願

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
開成山大神宮で必勝祈願する福島ホープス

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの福島ホープスは26日、郡山市の開成山大神宮で必勝祈願を行い、今季の飛躍を誓った。岩村明憲監督や選手、コーチ、スタッフら約30人が参加。岩村監督、加藤康介コーチが玉串をささげ、心を一つに戦い抜く決意を新たにした。

 岩村監督は「選手が高い意識を持って練習に取り組み、ここまで順調にきている。1年目のシーズン以来遠ざかっている地区優勝を目指して、戦っていきたい」と意気込みを語った。

 福島ホープスは4月7日に開幕戦を迎え、ビジターの高岡西部総合公園球場(富山県高岡市)で富山GRNサンダーバーズと対戦する。ホーム開幕戦は同14日で、ヨーク開成山スタジアム(郡山市)に新潟アルビレックスBCを迎える。

 福島ホープスを運営する福島県民球団は26日、今シーズンの前売り券販売が27日午前0時に始まると発表した。全国のファミリーマート店内「ファミポート」で購入できる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン