福島ファイヤーボンズ、競り勝つ 山形に80-75

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【山形―福島】第1Q、ドリブルを仕掛ける福島の菅野=山形県総合運動公園

 (28日・山形県総合運動公園ほか=9試合) 2部(B2)東地区2位の福島ファイヤーボンズはアウェーで同地区3位の山形ワイヴァンズと対戦し、80―75で勝利した。通算成績は29勝18敗で、順位は変わらず東地区2位。

 福島は第1クオーター(Q)、武藤が3点シュート2本を含む10点を挙げ、15点のリードを奪った。第2Qで反撃を許し39―32で折り返すと、第3Qでも流れを引き戻せず同点に追い付かれた。最終第4Qでは、菅野翔太(二本松市出身、福島工高卒)が2本の3点シュートを決めるなどして勝ち越した。

 福島は次戦の31日、ホームの郡山総合体育館(郡山市)で西地区4位の広島ドラゴンフライズと対戦する。午後6時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる