福島県勢2チームが首位突破 東北U10サッカーフェス

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【御所野―勿来】激しく競り合う選手

 2018東北U―10(10歳以下)サッカーフェスティバルが30日、いわき市平の新舞子フットボール場で始まった。東北6県の代表12チームが、決勝トーナメントに進む8枠を目指して熱戦を繰り広げた。

 東北サッカー協会4種委員会の主催、県サッカー協会4種委員会、いわきサッカー協会4種委員会の主管、いわき市の後援。

 小学校低学年(10歳以下)を対象とした来年の東北大会設立に向けたプレ大会。本県からは、昨年9月の読売・民友杯県大会で優勝した勿来フォーウインズ(いわき)と準優勝のバンディッツいわき(同)が出場。31日までの日程で各県代表チームが予選リーグ、決勝トーナメントで競う。

 初日は4ブロックによる予選を行い、各ブロック上位2チームが決勝トーナメント進出を決めた。県勢2チームはともにブロック1位だった。最終日は1、2位トーナメントと3位トーナメントを行う。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず