ファイヤーボンズ痛恨の連敗 広島への反撃及ばず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―広島】第1Q、ゴール下に切り込みシュートを放つ福島の野上=宝来屋郡山総合体育館

(1日・宝来屋郡山総合体育館ほか=9試合)

 Bリーグ2部(B2)東地区2位の福島ファイヤーボンズはホームで西地区4位の広島ドラゴンフライズと対戦、73―84で敗れ2連敗となった。

 通算成績は29勝20敗で、順位は変わらず東地区2位。福島は次戦の7日、アウェーのマエダアリーナ(青森市)で東地区5位の青森ワッツと対戦する。午後6時開始予定。

 福島は守備の連係が取れず、相手の外国籍選手の得点を止めることができなかった。

 福島は第1クオーター(Q)で5点のリードを許すと、第2Qでは相手の外国籍選手に立て続けにゴール下から得点を奪われ32―47で折り返した。

 反撃に出た第3Qでは、野上の3点シュートを契機に連続13得点を奪い一時は同点に追い付いたが、勝ち越すことができず最終第4Qへ。最後は福島が勝負所でシュートを決めきれなかった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手