小名浜が優勝、いわき菊田は準V 学童野球・オレンジ杯

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
3年ぶり3度目の優勝を飾った小名浜少年野球教室のメンバー

 学童野球の「オレンジカップ第6回プロ野球オールスターゲーム開催記念大会」最終日は1日、いわき市のいわきグリーンスタジアムで準決勝、決勝が行われ、決勝は小名浜少年野球教室が5―2でいわき菊田キッズを下し、3年ぶり3度目の優勝を飾った。

 小名浜は1点リードを許した五回表無死一、二塁の場面で、主将の村上広樹のバントが敵失を誘い2点を奪って逆転に成功。その後も2点を追加した。先発の渡辺陽翔は走者を出しながらも粘りの投球で相手の反撃をしのぎ、最終回は2番手の和田大夢が試合を締めくくった。

 小名浜の村上は「新チームで初めての大会を優勝できてうれしい。今後の大会の弾みにしたい」と栄冠を喜んだ。

 大会は、いわき学童野球連合会などでつくる実行委員会の主催、読売新聞東京本社、福島民友新聞社、県東部読売会、いわき市の共催、オレンジの特別協賛、市教委、いわきベースボールコミュニケーションの後援、同連合会の主管。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手