東日本国際大が白星発進 南東北大学野球・春季リーグ開幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【東日本国際大―石巻専修大】春季リーグが開幕し、熱戦を繰り広げる選手たち=いわきグリーンスタジアム

 南東北大学野球連盟春季リーグ戦は7日、いわき市のいわきグリーンスタジアムで開幕し、1部の東日本国際大が石巻専修大を破り、白星発進した。

 2部に所属する大学が部員不足を理由に出場を辞退したため、今季は1部のみを行う。本県から東日本国際大のほか、福島大、日大工学部が出場。そのほか石巻専修大、山形大、東北公益文科大の計6大学が優勝を争う。

 リーグ戦は5月まで福島、山形、宮城の各県の会場で行われる。優勝チームは第67回全日本大学野球選手権大会への出場権を得る。同大会は6月11日に明治神宮野球場、東京ドームで開幕する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる