福島ファイヤーボンズ、競り負け 後半に逆転許す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【青森―福島】第1Q、シュートを決める福島の村上=マエダアリーナ

 (8日・マエダアリーナほか=9試合) 2部(B2)東地区2位の福島ファイヤーボンズはアウェーで同地区5位の青森ワッツと対戦、83―86で競り負けた。通算成績は30勝21敗で順位は変わらず2位。

 福島は第1クオーター(Q)、ジョーンズらの3点シュートなどで17―15とし、第2Qまでリードを守るが、第3Qで58―59と逆転を許す。最終第4Q、終了間際に村上が2本のフリースローを決めるなど最後までゴールに迫ったが、わずかに及ばなかった。

 福島は次戦の14日、盛岡タカヤアリーナ(盛岡市)で岩手ビッグブルズと対戦する。午後4時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる