福島ファイヤーボンズ、接戦制す アウェーで岩手破る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【岩手―福島】第2Q、シュートをする福島・友利=盛岡タカヤアリーナ

 (14日・盛岡タカヤアリーナほか=9試合) 2部(B2)東地区2位の福島ファイヤーボンズはアウェーで同地区6位の岩手ビッグブルズと対戦、83―74で競り勝った。通算成績は31勝21敗で順位は変わらず2位。

 福島は第1クオーター(Q)で5点のリードを許したが、第2Qにオフェンス陣の活躍で18点を奪い、32―31で折り返した。後半も一進一退の攻防が続いたが、最終第4Qに菅野翔太(二本松市出身、福島工高卒)の3点シュートなどで突き放した。

 福島は次戦の15日、盛岡タカヤアリーナ(盛岡市)で岩手ビッグブルズと対戦する。午後2時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場