福島ホープス、ホーム初戦飾る 岸本が鮮やか先制打

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―新潟】1回裏福島無死二塁、先制の適時三塁打を放つ福島の岸本=ヨーク開成山スタジアム

 (14日・ヨーク開成山スタジアムほか=4試合) 福島ホープスはホームで新潟アルビレックスBCと対戦、5―1でホーム初戦を白星で飾り、開幕2連勝とした。福島は15日、ヨーク開成山スタジアムで栃木ゴールデンブレーブスと対戦する。午後1時開始予定。

 鮮やかな先制劇にスタンドが沸いた。福島はかみ合った攻撃で地元ファンにホーム開幕戦の白星を届けた。

 岸本は初回の打席、真ん中高めに甘く入った直球を逃さずに振り抜き三塁打。好機を広げるための進塁打を狙ったはずが先制の適時打となった。「次につなぐ意識が良い結果になった」

 今季は選手の自立を目的に主将を決めていない福島。昨季の主将岸本が今年のチームの在り方を打撃で示した一幕だった。「自分のこと、チームのことをバランス良く考えることができている」と岸本。「優勝して監督を胴上げしたい」と力強く言い切った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ25校闘志