11人が最終予選へ 大玉でダンロップ・スリクソン福島アマ予選開幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
パットを打つ出場者=大玉カントリークラブ

 西郷村のグランディ那須白河ゴルフクラブで6月21日に開幕するプロゴルフの男子ツアートーナメント、ダンロップ・スリクソン福島オープンのアマチュア予選会は24日、大玉村の大玉カントリークラブ(パー72、6625ヤード)で開幕し、11人が最終予選進出を決めた。

 35人が出場し、18ホールストロークプレーで競った。チャレンジ企画として本戦出場を目指す福島中央テレビの石井佑弥アナウンサーも出場したが、最終予選出場には届かなかった。

 アマチュア予選は県内4会場で行われ、プロ予選会は5月7日に棚倉田舎倶楽部(棚倉町)で開かれる。各予選会通過選手は、最終予選となる県オープンゴルフ選手権(5月22日・棚倉田舎倶楽部)に挑み、プロ上位10人、アマ5人が出場権を獲得する。小学生から高校生までを対象にしたジュニア大会も開かれ、中学・高校男子の上位者も県オープンの出場権を得る。

 大会はダンロップスポーツ、福島中央テレビ、日本ゴルフツアー機構の主催、福島民友新聞社などの後援。

 予選通過者次の通り。

 舘浦圭、青木浩一、黒沢光、大槻栄二、横田竜汰、今井佳、藤村紀考、佐々木知浩、小針恭一、白岩文伸、大内芳弘

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる