福島ホープス、10点大勝 先発・高橋元気が好投4連勝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―石川】先発し7回2失点で開幕4連勝を飾った高橋元気=須賀川市・牡丹台球場

 (27日・牡丹台球場ほか=2試合) 福島ホープスはホームで石川ミリオンスターズと対戦、10―4で快勝した。通算成績は5勝2敗1分けで東地区5チーム中1位。次戦は29日、ビジターの中野市営球場(長野県)で信濃グランセローズと対戦する。午後1時開始予定。

 7回2失点8奪三振の好投で無傷の開幕4連勝。福島の先発高橋元気は「野手が流れをつくってくれたおかげで、自分の投球ができた」と振り返った。

 初回に3安打を許したものの動揺はなかった。すぐに直球主体の投球から低めのスライダーとチェンジアップを軸とした配球に切り替えた。難局を切り抜けると一気に調子を上げた。3回は三者三振、4回も三者凡退に抑える。6回まで相手のスコアボードには0が並んだ。

 しかし7回に集中が途切れる。味方の失策で出塁を許すと、死球と内野安打で1死満塁に。「完封したい欲が出た」。犠飛と適時打を許し2点を奪われた。

 「合格点は挙げられない」。試合後には反省の弁が口を突いた高橋。それでも「打撃陣に助けられているので、自分の投球で流れを引き寄せられるように、負けない投球を目指して成長していきたい」。エースの重責を胸に、貪欲に勝ち星を狙う。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる