福島ユナイテッド、5位浮上 新加入の武がJ初ゴール

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―藤枝】後半28分、J初ゴールを決め喜ぶ福島のFW武

 期待されていたストライカーに待望の1発が生まれた。今季、早大から加入した福島のFW武颯(はやて)のJ初ゴールが貴重な追加点になり、福島は3試合ぶりの勝利をつかんだ。

 後半28分、DF東隼也のクリアボールに合わせカウンターで抜け出した。ワンタッチでDF1人をかわすと、2人目も一瞬のスキを逃さずドリブルで一気に抜き去った。「次にGKが出てくるのは分かっていた」。飛び出したGKの反応を見透かすように、ループシュートで頭上を抜いた。

 武にとって忘れられない試合がある。第3節(3月21日)の鹿児島ユナイテッドFC戦。後半途中から投入されたが、チーム戦術に合わせられず23分の出場のみで交代を告げられた。途中出場、途中交代は人生初の屈辱の経験だった。

 「成長のためにあえて外した」と田坂和昭監督。それでも指揮官はもがく武を試合での起用し続けた。武も指揮官の期待に応えるように、徐々にチームの中で自分の持ち味を発揮し始めた。

 ゴール後、武はそんな指揮官の下に真っ先に駆け寄り、喜びを爆発させた。「最高だ」と褒められ、「うるっときた」とはにかむ22歳。入団時に掲げた目標は「J3得点王」。ようやくその一歩を踏み出した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる