福島ホープス、追撃実らず 復調の赤松2安打1打点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―栃木】7回裏福島2死三塁、中前適時打を放つ赤松=福島ホープス西会津球場

 (3日・福島ホープス西会津球場ほか=3試合) 福島ホープスはホームで栃木ゴールデンブレーブスと対戦し、3―9で敗れ、3連敗となった。通算成績は5勝5敗1分け。福島は次戦の4日、福島ホープス西会津球場(さゆり公園野球場)で武蔵ヒートベアーズ(埼玉)と対戦する。午後1時開始予定。

 西会津町のファンに勝利を届けられなかったが、福島の扇の要は攻守ともに復調のきざしを見せた。

 赤松浩輔は2安打、1打点。「打席で良い感覚をつかんでいる。しっくりくる打撃が結果に出てきた」と振り返った。「球筋は見えているのにバットで捉えられない」。練習でバットを「体の内側から出るように」と意識したことで打撃が上向きになった。七回の好機で打席に入ると、真ん中低めの直球をうまくはじき返した。

 今シーズン、選手兼任コーチとして入団。リード面ではオリックス時代の経験を投手に伝え実践してきた。「相手にぶつける気持ちで内角に投げろ」。栃木の4番村田修一にも強気な配球で勝負。2死球を与えたが、岩村明憲監督も「相手の後ろにミットを構える気持ちでリードしないと抑えられない」と赤松の判断を支持した。

 「失点が多かったが、監督の考えている野球を表現するのが捕手の役目。投手に内角の意識を持たせたい」と課題を分析する赤松。自らの打撃を立て直した修正力でチームを再び連勝へと導く。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる