福島ホープス乱打戦制す 奈良、大暴れ4打点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―武蔵】2回裏福島2死一、二塁、右中間に三塁適時打を放つ奈良=びわのかげ球場

 (6日・びわのかげ球場ほか=5試合) 福島ホープスはホームで武蔵ヒートベアーズと対戦し、9―8で勝利した。通算成績は7勝5敗2分け。

 福島は次戦の9日、ビジターの上毛新聞敷島球場(群馬)で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。午後6時開始予定。

 初回、同点に追い付く2点本塁打を放ち、二回には逆転の2点三塁打と大暴れした奈良雄飛は、「なんとかつなぎたい一心だった」と両打席を振り返った。

 奈良は昨年まで対戦相手の武蔵に所属していたが、岩村監督に指導してもらいたいと、今季福島に移籍した。岩村監督の教えである「謙虚に打席に入ること」を、この試合で体現、結果で応えてみせた。

 シーズン開幕直後は5番を任されたが、調子が上がらず中軸を外れた。1番打者として数試合出場したことで、「自分の間で、ボールを待てるようになった」と、今度はつなぎ役の2番で花を開きつつある。「まだまだ始まったばかり。1本でも多く安打でつないでいきたい」。日に焼けた顔をほころばせもせず語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる