福島ファイヤーボンズ、野上と来季契約せず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 プロバスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の福島ファイヤーボンズを運営する福島スポーツエンタテインメントは14日、スモールフォワード野上淳史(31)と契約満了に伴い、来季の契約を結ばないと発表した。各チームとの交渉が可能となる同リーグの自由交渉選手リストに掲載された。選手契約満了は6月30日。

 野上は、チームが発足し、bjリーグに参戦した2014―15年シーズンに初代主将を務めた。野上は「福島に来て4年、多くの出会いや縁に恵まれた。次のステージでも自分らしく、感謝の気持ちを忘れずに向き合っていきたい」とコメントした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず