福島ホープス乱打戦制す 栃木に勝利

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
先発した福島の谷中=ほばら大泉球場

(16日・ほばら大泉球場ほか=4試合)

 福島ホープスはホームで栃木ゴールデンブレーブスと対戦、16―10で勝利した。通算成績は9勝7敗2分けで、東地区5チーム中2位。

 福島は同点で迎えた三回、4番岡下からの4連打や高橋祥の2点左前打など6安打で5得点。

 五回に6失点で逆転されたが、直後の五回にボウカー、赤松の適時二塁打で逆転、七回も6点を奪い、乱打戦を制した。

 福島は次戦の18日、牡丹台球場(須賀川)で新潟アルビレックスBCと対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる