福島ホープス、奈良の反撃弾実らず ホームで楽天2軍と交流戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―楽天】7回裏福島1死一塁、奈良が右越えの2点本塁打を放つ=本宮市、しらさわグリーンパーク

 (19日・しらさわグリーンパーク球場ほか=5試合) 福島ホープスは19日、ホームのしらさわグリーンパーク球場で楽天2軍と交流戦を行い、2―9で敗れた。福島は奈良雄飛が一時1点差に詰め寄る2点本塁打を放った。楽天は先発の横山貴明(聖光学院高卒)が5回無失点の好投で勝利投手。松本京志郎(光南高卒)は無安打だった。交流戦の結果はBCリーグの勝敗には含まない。福島は次戦の20日、栃木市営球場で栃木ゴールデンブレーブスと対戦する。午後1時開始予定。

 充実感「今季一番の手応え」

 待っていた球とは違ったが体が反応した。7回に1点差に迫る右越え2点本塁打を放った福島の奈良雄飛は「今シーズン一番の手応え」と充実感をにじませた。

 前日の新潟戦では4打数3安打と復調の兆しを見せる奈良は、勝敗表に影響しない交流戦でも結果を出した。

 2度の凡退後の第3打席。外角を狙っていたが、内角高めの直球に体が素直に反応。快音を残した打球は逆風にも負けず右翼席に消えた。「内容にまだ課題は残るが、自分の持ち味の積極的な打撃ができるようになってきた」と胸を張った。

 リーグ戦は終盤戦に向けて重要な試合が続く。「課題を克服しながら一試合ずつ勝利を重ねていく」と言葉にもいつもの頼もしさが戻ってきた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が福島県勢初『秋春連覇』 春季東北大会、6年ぶりV