福島ホープス、初回先制も逃げ切れず 栃木に3-3で引き分け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島ホープスは20日、ビジターの栃木市総合運動公園野球場で栃木ゴールデンブレーブスと対戦、初回に先制したが、3―3で引き分けた。通算成績は2勝1敗1分けで、東地区2位。

 福島は1回1死一、二塁で岡下が適時三塁打を放ち先制したが、1点差に迫られた7回1死満塁で奈良、吉田が凡退するなど、その後は好機を逸した。8回から登板したビスカヤが乱調、同点とされた。

 福島は22日、新潟アルビレックスBCとビジターのみどりと森の運動公園野球場で対戦する。午後6時試合開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず