喜多方・清野が男子1500V 学石勢らに勝利、福島県高体陸上

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【男子1500メートル決勝】ライバルたちとのデットヒート制し初優勝した清野(喜多方)

 県高校体育大会陸上競技は25日、福島市のとうほう・みんなのスタジアムで開幕した。初日は男女9種目の決勝が行われた。

 「強い学石に勝つことが目標だった」。強豪学法石川勢らを押しのけ男子1500メートルを制したのは伏兵の清野太雅(喜多方3年)だった。

 前半は櫛田佳希(学法石川3年)や林晃耀(いわき総合1年)ら各年代で頭角を現す長距離ランナーが引っ張る展開。「とにかく前についていく」。速いペースにも必死に食らい付き、バックストレートから残り200メートルに差し掛かるところでぐいぐいと先頭に迫った。残り120メートル。先頭の櫛田に並ぶと、182センチの長身を生かした長いストライドで抜き去った。

 「勝てるか分からないけど、前の選手を抜くことだけを考えて走った」。全力を出し充実した表情を浮かべた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が福島県勢初『秋春連覇』 春季東北大会、6年ぶりV