福島ホープス、乱打戦制す アウェイで群馬に10-8

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【群馬―福島】1回表福島2死一、三塁、先制の適時打を放つ赤松=高崎城南

 (27日・高崎市城南球場ほか=5試合) 福島ホープスはビジターで群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し、10―8で勝利した。通算成績は11勝8敗4分けで、東地区5チーム中2位。

 福島は1回に赤松の適時打で先制すると、岸本の三塁打や赤松の本塁打で4回までに7点を挙げ、リードしたまま試合を進めた。両チーム合わせて計30安打の乱打戦となり、終盤、群馬の追い上げにあったが、高橋元、笠原、ビスカヤの継投で振り切った。

 福島は次戦の31日、ビジターの高崎市城南球場で、群馬と対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手