女子砲丸投げ、日大東北・大千里が成長2連覇 福島県高体陸上

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【女子砲丸投げ】12メートル90で大会2連覇を達成した大千里歩美(日大東北)

 第64回県高校体育大会陸上競技第3日は27日、福島市のとうほう・みんなのスタジアムで男女12種目の決勝が行われ、砲丸投げは大千里歩美(日大東北3年)が12メートル90を記録、大会2連覇を果たした。

 圧巻の投てきで2連覇を飾った。女子砲丸投げを制した大千里は白い歯をのぞかせた。

 冬場にウエートトレーニングを積み、筋肉量が増えた。ベンチプレスは60キロから80キロになり「砲丸が軽く感じるようになった」と成果を口にする。春の大会では自己ベストとなる13メートルを記録した。「13メートルを投げられなかった悔しさがある」と大千里は、左手の使い方を課題に上げる。「課題を克服し13メートル50を目標にしたい」と昨年制覇した東北大会の2連覇に照準を向けた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

学法石川男女陸上部「結果出すだけ」 全国高校駅伝へ意気込み