男子・福島商、女子・磐城一が優勝 福島県高体バレー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
バレーボール男子優勝の福島商

 第64回県高校体育大会バレーボール競技最終日は28日、会津若松市のあいづ総合体育館で男女の決勝など7試合が行われ、男子は福島商が59年ぶり4度目、女子は磐城一が5年ぶり2度目の優勝を果たした。

 男女優勝校がインターハイ、男子上位3校と女子上位2校が第54回東北高校選手権大会に出場する。

 福島商、チームが一つに

 59年ぶり4度目のインターハイ出場を決めた福島商の主将の山沢祐斗(3年)は「チームが一つになってプレーができたことが優勝という結果になった」と喜んだ。山沢は主将として「落ち着いて一点一点積み重ねよう」と試合中に声を掛けた。「インターハイでは力を出し切り、一つ一つの試合で勝利を重ねていく」と次の戦いに向けて気持ちを新たにした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場