女子800で大会新、学法石川・佐々木が2冠 福島県高体陸上

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【女子800メートル決勝】大会新で優勝した学法石川の佐々木優佳=とうほう・みんなのスタジアム

 第64回県高校体育大会陸上競技最終日は28日、福島市のとうほう・みんなのスタジアムで男女11種目の決勝が行われ、女子800メートルで佐々木優佳(学法石川3年)が大会新で優勝した。男子1600メートルリレーは福島、同女子は会津学鳳が制した。

 各種目上位6位(競歩と混成競技などは同4位)までは、6月14~17日に岩手県北上市で行われる東北大会に出場する。

 女子800メートルは佐々木優佳(学法石川3年)が2分10秒37の大会新で優勝。ラスト100メートルで「『やるしかない』と、スピードを上げた」。一気に後続を引き離すと、400メートルに続いての2冠を達成した。

 昨年の南東北インターハイでは、準決勝で涙をのんだ。「1年間悔しい思いをした」と佐々木。両ふくらはぎのけがも経験したが、ひたむきに治療に取り組み乗り越えた。同校陸上部の女子の主将として、「自分が引っ張っていく」との思いで練習にも臨み、結果を出した。

 「今年こそインターハイで優勝し、日本一になりたい」と力強く話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手