福島ホープス、猛打15点で快勝 首位に浮上

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【群馬―福島】3回表福島1死二、三塁、高橋恒が走者一掃の適時二塁打を放ち5、6点目=高崎市城南球場

 (31日・高崎市城南球場=1試合) 福島はビジターで群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し、15―5で快勝した。通算成績は12勝8敗4分けで首位に浮上した。

 福島は14安打15得点と打線が爆発。2回に赤松、高橋祥、高橋恒の3連打で先制すると、3、4、5回も毎回得点で着実にリードを広げた。終盤には岡下の2打席連続本塁打で突き放した。先発谷中は2回に1発を浴びたが、要所を抑え6回2失点と好投した。

 次戦は1日、ホームのしらさわグリーンパーク(本宮市)で群馬との連戦に臨む。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる