16チームの熱戦開幕 FCT・JA杯福島県少年サッカー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
決勝トーナメント進出目指して熱戦を繰り広げる選手

 FCT・JA共済カップ第37回県少年サッカー選手権大会は2日、福島市の十六沼運動公園で開幕し、各支部大会を勝ち抜いた16チームが決勝リーグ進出を目指し熱戦を繰り広げた。

 3日は各リーグ1、2位通過が優勝を目指す決勝トーナメントと3、4位が敢闘賞を目指すレベルアップトーナメントが行われる。

 中央ドリマJSC(県北)、会津サントスFCジュニア(会津)、福島ユナイテッドFC U―12(県北)、桑野SSS(県南)、松川SSS(県北)、FC Hermanos(会津)、エストレージャス(県南)、勿来・フォーウィンズ(いわき)が決勝リーグ進出を決めた。

 県サッカー協会、福島中央テレビの主催、福島民友新聞社、読売新聞東京本社福島支局の共催、JA・JA共済連福島の特別協賛、モルテンの協賛。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン