王者・尚志V9 伊藤がダメ押しゴール、福島県高体サッカー男子

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
サッカー男子で9連覇を飾った尚志イレブン=郡山市熱海フットボールセンター

 第64回県高校体育大会メイン会期第2日の3日、県内各地で競技が行われた。

 サッカー男子決勝は尚志が帝京安積を3―1で破り、9連覇を達成した。女子は桜の聖母が制した。

 サッカーの男子決勝は、帝京安積の素早いプレッシャーをはねのけた尚志に軍配が上がった。

 後半、ダメ押しゴールを決めたMF伊藤綾汰(3年)は「全国への切符を獲得できたことは良かった」と喜んだ。

 一方で「自分たちのサッカーができたのは後半ラスト10分だけ。課題が残った」と仲村浩二監督。伊藤も「相手のプレッシャーにチームとして冷静にプレーできない場面が目立った」と試合内容に満足はしていない。

 「全国へ向け、もっと上のレベルを追求しなければならない」と伊藤。チーム最高のインターハイ8強超えに向けて、成長を約束した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場