「いわきの名を全国に」 東日本国際大各部が全国出場報告

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
清水市長(左から5人目)に全国大会出場を報告した学生ら

 東日本国際大の硬式野球、卓球、柔道、バドミントン各部の学生は4日、いわき市役所を訪れ、清水敏男市長にそれぞれ、全国大会出場を報告した。

 硬式野球部は第67回全日本選手権大会(11日開幕・東京都)に出場。柔道部は全日本優勝大会(23~24日・東京都)に出場する。卓球部は第88回全日本総合選手権大会(7月12~15日・東京都)団体、バドミントン部は全日本ミックスダブルス選手権大会(8月10~11日・横浜市)と全日本選手権大会(10月12~18日・京都府)の出場権を手にしている。

 硬式野球部は2年ぶり13回目の出場となる。主将の山崎照太さん(経済経営学部4年)とエースの船迫大雅さん(同)は「いわきの名が全国にとどろくように、優勝を目指したい」と抱負を語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手