福島ホープス、拙攻響く...6投手継投実らず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【富山-福島】8回裏富山2死一、三塁、キムに適時打を許し、肩を落とす福島の投手ビスカヤ(右)と赤松(左)

 (6日・富山球場=1試合) 福島はビジターで富山GRNサンダーバーズと対戦し、7―9で逆転負けした。通算成績は15勝9敗4分けで首位は維持した。

 福島は6投手の継投で目先を変えようとしたが終盤、富山打線につかまった。福島は7回、福士の適時打などで勝ち越し。しかし、7回裏に大河原が2本の長打を浴び1点差に迫られると、マウンドを引き継いだ笠原、ビスカヤも流れを断ち切れず逆転を許した。打線は富山を上回る17安打を放ったが11残塁と好機を逸した。

 8日から3連戦

 福島は8日から3連戦。8日(午後1時試合開始予定)は高崎市城南球場で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦。9日(同6時試合開始予定)はハードオフエコスタジアム新潟でアルビレックス新潟BCと対戦。10日(同1時試合開始予定)はあいづ球場で群馬と対戦する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン