福島ユナイテッド、3戦連続ドロー 終了間際に痛恨PK失点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 (10日・万博記念競技場ほか=6試合) 福島ユナイテッドFCはアウェーでガンバ大阪U―23と対戦し、試合終了間際に追い付かれ1―1で引き分けた。3試合連続の引き分けで通算成績は5勝5分け2敗となり、順位を6位に落とした。

 福島はサイド攻撃を仕掛ける大阪に押し込まれたが、GK堀田の好セーブもあり前半を0―0で折り返した。後半29分、決め手を欠く大阪の一瞬のスキを突き、カウンター攻撃からFW武が貴重な1点を奪った。しかし、試合終了間際のアディショナルタイムに献上したPKを決められ、惜しくも勝ち点3を逃した。

 次戦は17日、ホームのとうほう・みんなのスタジアムでSC相模原と対戦する。午後2時試合開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる