福島ホープス、首位陥落 序盤のリード守れず武蔵に逆転負け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 (12日・熊谷さくら運動公園球場=ほか2試合) 福島ホープスはビジターで武蔵ヒートベアーズと対戦、序盤のリードを守り切れず、武蔵に逆転負けを喫した。通算成績は16勝11敗5分となり首位から陥落した。首位に立った群馬ダイヤモンドペガサスにマジック4が点灯した。

 福島は初回に岡下の先制適時打など打者9人の猛攻で3点を挙げたが、3回に逆転を許す。2点を追う9回、赤松の二塁打で1死二塁とし、高橋洋の適時二塁打で1点差に詰め寄ったが、その後は後続が倒れた。先発した谷中は5回5失点、リードを守れなかった。

 福島は15日、栃木ゴールデンブレーブスとビジターの栃木県栃木市総合運動公園球場で対戦する。午後1時試合開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手