東日本国際大、連投粟津が完封 全日本大学野球選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【京都学園大―東日本国際大】9回を投げきり、無四球完封勝利を挙げた東日本国際大の粟津

 先発の粟津凱士(4年)は連投の疲れを感じさせない好投を見せ、相手打線を無四球で封じ込めた。前日に続いて140キロを超える直球がさえた。

 初戦の中継ぎ登板から一夜明け、先発のマウンドに立った。体力面での不安を打ち消すように「要所でギアを上げよう」とメリハリのきいた投球を心掛けた。守備陣の支えを受けて再三の窮地を切り抜け、無失点で先発の責任を果たした。

 粟津は「伸びのある直球が投げられた」と笑顔で手応えを語り、「次戦も厳しい戦いになる。任された場所で無失点に抑え、勝利に貢献したい」と意気込んだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場