東京五輪のマラソン代表選考大会 本番と同コースで19年9月

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本陸連は15日、2020年東京五輪のマラソン代表選考大会「グランドチャンピオンシップ」(MGC)を来年9月15日に、都心の名所を巡る五輪と同じコースで行うと発表した。ただし、本番で発着点となる新国立競技場が完成前のため、スタートは明治神宮外苑のイチョウ並木、ゴールは神宮第二球場付近となる。

 東京五輪のマラソンは女子が8月2日、男子が9日で調整されている。MGCをテスト大会と位置づける日本陸連は他のスポーツイベントとの兼ね合いも考慮しながら、暑さが残る時期を選んだ。午前9時台に男子、女子の順でスタートする。

 男女2人ずつの代表を選ぶMGCには、17年夏から19年春まで行われる国内指定大会などで、日本陸連が定めた順位とタイムの条件を満たした選手が出場できる。これまでに男子13人、女子6人が出場権を獲得した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場