福島ホープス、栃木に競り勝つ 残り2試合、首位と0.5差 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【栃木―福島】3回表福島2死、ボウカーが中越えに本塁打を放つ=小山運動公園球場

 (16日・小山運動公園球場ほか=5試合)

 福島ホープスはビジターで栃木ゴールデンブレーブスと対戦し、7―5で競り勝った。首位の群馬ダイヤモンドペガサスも勝ち、マジックナンバーを「3」とした。

 福島の通算成績は17勝11敗5分けで、群馬とのゲーム差は0.5のまま。福島は2試合、群馬は3試合を残している。

 福島は二回、野原の2点本塁打などで4点を先制、三回にはボウカーが本塁打を放ち、リードを広げた。

 2点を返された後の七回、継投した2番手の大河原が2本の本塁打を浴び5―5の同点に追い付かれたが、八回2死二塁から岡下が適時打を放ち、勝ち越した。

 福島は次戦の17日、ホームのヨーク開成山スタジアムで武蔵ヒートベアーズと対戦する。午後1時試合開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

いわきサンシャインマラソンまで『100日』 カウントダウン開始