42歳小林正則がトップ ダンロップ・スリクソン福島オープン第1日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ダンロップ・スリクソン福島オープン第1日(21日・グランディ那須白河GC=6961ヤード、パー72) ツアー3勝の42歳、小林正則が1イーグル、9バーディー、3ボギーで64をマークし、デービッド・オー(米国)と並び首位発進した。稲森佑貴と山岡成稔が1打差の3位。石川遼は67で9位につけた。(賞金総額5000万円、優勝1000万円、出場144選手=アマ10、曇り、気温21.9度、南南西の風2.7メートル、観衆2180人)  

 終盤、猛チャージ 

 42歳のベテラン、小林が猛チャージを見せた。12番をボギーとし、1アンダーで迎えた13番から17番まで5連続バーディー。さらに最後の18番では2メートルのイーグルパットを沈め、トップに立った。「まぐれでしょう。4、5メートルのパットがよく入ってくれた」と本人も驚く勢いだった。

 今季は開幕から6試合連続予選落ちの後、3試合連続で決勝ラウンドに進み、5月には2位もあった。2013年の日本オープン選手権以来となる4勝目に向け「調子はまだまだだが、勇気を持って打てている」と復調の手応えを語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手