福島ホープス、優勝ならず 群馬が前期V

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグは22日、2試合が行われ、首位の群馬ダイヤモンドペガサスが栃木ゴールデンブレーブスとの最終戦を16―14で勝ち、東地区の前期優勝を決めた。

 福島ホープスは21日の最終戦を勝利で飾り、群馬とのゲーム差を0・5とし、群馬の最終戦の結果を待っていた。

 群馬が敗れれば福島の優勝だった。福島の成績は19勝11敗5分けで東地区2位となった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ25校闘志