福島商、郡山北工など2回戦へ マスターズ甲子園・福島県予選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 元高校球児が憧れの甲子園を目指すマスターズ甲子園2018県予選大会第2日は24日、須賀川市のいわせグリーン球場で1回戦3試合が行われ、郡山北工、福島商、保原が2回戦進出を決めた。

 県予選には16チームが出場。8月19日まで、会津坂下町の鶴沼球場などを会場に、トーナメントで頂点を争う。優勝チームは、来年11月に開催される全国大会の出場枠を懸けた抽選権が得られる。今年の全国大会は11月10日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。大会には昨年の県予選で優勝した日大東北が本県代表として出場し、熊本県代表と対戦する。

 第3日の7月22日は福島市の信夫ケ丘球場で1回戦2試合、2回戦1試合が行われる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる