女子100障害・ライバル対決制すも紫村2位 陸上・日本選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【女子100メートル障害決勝】昨年に続く2位となった紫村仁美

 山口市の維新みらいふスタジアムで24日に行われた、ジャカルタ・アジア大会代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権最終日。200メートルの男子は飯塚翔太(ミズノ)が20秒34で2年ぶり3度目の優勝を飾り、代表に決まった。桐生祥秀(日本生命)は20秒69で4位。女子は福島千里(セイコー)が23秒65で2年ぶり8度目の日本一に輝いた。

 県勢は、男子三段跳び優勝の山下航平(ANA、橘高卒)のほか、5人が表彰台に立った。男子5000メートルで遠藤日向(住友電工、学法石川高卒)が14分24秒30で2位に入り、女子の100メートル障害で13秒21を記録した紫村仁美(東邦銀行)、400メートル障害で57秒64の青木沙弥佳(同)も2位。男子200メートルの山下潤(筑波大、福島高卒)は自己ベストの20秒46で、女子5000メートルの山ノ内みなみ(京セラ、郡山萌世高卒)は15分32秒79でそれぞれ3位だった。

 また、男子5000メートルの阿部弘輝(明大、学法石川高卒)が14分25秒18で5位入賞、砲丸投げの吉田孝博(茨城茗友クラブ、原町高卒)は16メートル29で11位となった。女子5000メートルの田辺美咲(三井住友海上、田村高卒)は16分13秒13で16位だった。

 紫村、3年ぶりVへ届かず

 女子100メートル障害の紫村仁美(東邦銀行)は3連覇を狙う木村文子(エディオン)とのライバル対決には勝ったが、社会人2年目の伏兵青木益未(七十七銀行)に敗れ、昨年と同じ2位。3年ぶりの優勝にはわずかに届かなかった。

 4月の織田記念で13秒24(2位)、6月の布勢スプリントで13秒18(2位)と、日本陸上に調子を合わせてきた。「予選、準決勝とコンディションも良かった。後は結果を出すだけと決勝を楽しみにしていた」と話すが、イメージしてきた12秒台の走りを決勝の舞台で体現できなかった。

 ただ、アジア大会の資格記録を上回った選手は1人もおらず、代表決定は今後選考に委ねられた。「選んで頂ければ」と望みを託した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手