湯本・伊藤が女子100自も制す 福島県高体水泳

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第64回県高校体育大会水泳競技最終日は25日、郡山市の郡山しんきん開成山プールで、男女10種目の決勝が行われた。

 女子100メートル自由形を制した伊藤理智(湯本3年)は「うれしい気持ちはあるが、タイムは納得いかない」と、昨年に続く200メートル自由形との2冠だったが手放しで喜ぶことはなかった。

 連日のレースに対応するため、疲れを取りながらの調整が続いた。「体は動いていたけど、気持ちがついてこなかった」。予選では59秒48を記録したが、決勝ではわずかにタイムを落とし59秒87でゴールした。

 県大会では、2種目とも納得のいくタイムは残せなかったが「本番は東北大会。堂々とした泳ぎで、全国大会を目指したい」と決意する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず