須賀川信金・庭瀬ひかりが女子100アジア新  関東パラ陸上

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 パラ陸上の第23回関東選手権大会が6月30日と1日、東京・町田市立陸上競技場で開かれ、女子100メートル(T51)で庭瀬ひかり(須賀川信金)が31秒27のアジア新記録・日本新記録で優勝した。

 佐々木真菜(東邦銀行)は女子400メートル(T13)を59秒02の日本新記録・大会新記録で制した。佐々木は200メートル(T13)でも26秒38の大会新記録をマークした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場