1次カード決まる 8月、高校サッカー福島県大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
組み合わせ抽選をする各校の監督ら

 第97回全国高校サッカー選手権県大会の1次大会組み合わせ会議が3日、郡山市で開かれ、8月22~24の3日間にわたり県内各地で開かれる1次大会(トーナメント1、2回戦)の組み合わせが決まった。

 連合チームの「大沼・坂下」「いわき秀英・遠野・勿来」「いわき海星・平商」を含む54チーム(58校)が出場。2次大会進出を懸け、16ブロックに分かれて熱戦を繰り広げる。22、23の両日は1回戦、24日は2回戦を日大東北高、熱海フットボールセンター(郡山市)、鳥見山公園多目的広場(鏡石町)、福島空港公園で行う。実施会場は後日決める。

 2次大会は10月13日に福島市の十六沼公園サッカー場などで開幕する。1次大会を勝ち抜いた16チームと県高校体育大会の上位8チーム、F1リーグから4チームの計28チームが出場する。

 決勝は11月3日、郡山市の西部サッカー場で行われる。

 会議には各校の監督らが出席し、抽選で組み合わせを決めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる