福島ファイヤーボンズと田村市が連携協定締結へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 プロバスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の福島ファイヤーボンズを運営する福島スポーツエンタテインメントは田村市とスポーツ振興や地域活性化に関するパートナーシップ連携協定を締結する。同社が6日、発表した。同社が自治体と連携協定を締結するのは初めて。

 田村市でのバスケットボール教室やボンズの公式戦の開催を予定しており、バスケットボールの普及やボンズのファン層拡大につなげる狙い。田村市はボンズのホーム戦で特産品を販売することで、認知度向上と販売促進を図る考えだ。

 締結式が15日、田村市総合体育館で行われる。同社は締結式後、同市のミニバスケットボールチームを対象にした教室を開催するほか、ボンズの公開練習を行う予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手