男子やり投げで新井涼平がV 陸上の日中韓3カ国交流大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 陸上の日中韓3カ国交流大会は8日、札幌厚別公園競技場で行われ、男子のやり投げは今夏のジャカルタ・アジア大会代表の新井涼平(スズキ浜松AC)が80メートル83で優勝した。

 女子の400メートル障害は57秒64の宇都宮絵莉(長谷川体育施設)が制し、青木沙弥佳(東邦銀行)が57秒77で3位、武石この実(同)が1分0秒28で5位だった。1600メートルリレーは武石この実らの日本が3分35秒17で優勝した。

 大会は南部記念と同時開催された。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場