福島ホープスが武蔵と対戦、1-0の接戦制す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 (11日・鴻巣フラワースタジアムほか=4試合) 福島ホープスはビジターで武蔵ヒートベアーズと対戦し、1-0の接戦を制した。通算成績は6勝2敗。

 福島は2回に佐賀、野原、奈良の3連打で先制した。先発竹脇は6回まで安定した投球を続けたが、7回2死一、三塁のピンチを招いて降板。代わった笠原が三飛で抑え切り抜けた。8、9回はビスカヤ、ロンドンの継投で1点を守り切った。

 福島は次戦の14日、ビジターの桐生球場で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手