田母神、24年ぶり大会新 福島県総体陸上・男子800

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【男子800メートル決勝】大会記録を塗り替えて優勝した田母神一喜(中大)

 陸上の第71回県総合体育大会・第73回県選手権大会第2日は13日、福島市のとうほう・みんなのスタジアムで男女15種目の決勝などが行われ、男子800メートルは1分51秒57の大会新記録をマークした田母神一喜(中大3年)が制した。

 男子800メートルは田母神が24年ぶりに大会記録を塗り替えて優勝。「高校生を引っ張る走りをと思ったが、予想以上に付いてこられた」と"後輩たち"をたたえながらも、最後はスピードの違いを見せ付けて振り切った。

 主戦場とするのは1500メートルだが、「スピード強化に欠かせない。両方走れるのが自分の強み」と語る。だが最大の目標は東京五輪の1500メートル。「日の丸を背負ってトラックを走ることに大きな魅力を感じている」と2年後を見据える。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手