福島ホープス、南相馬で大勝 高橋祥4打点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―栃木】1回裏福島2死二、三塁、中越え三塁打を放つ高橋祥=みちのく鹿島球場

(15日・みちのく鹿島球場ほか=5試合)

 福島ホープスはホームで栃木ゴールデンブレーブス(栃木)と対戦し10―2で完勝した。通算成績は7勝3敗で東地区5チーム中3位。福島は次戦の16日、ビジターの五泉市営野球場(新潟)で新潟アルビレックスBCと対戦する。午後1時開始予定。

 福島は高橋祥の中越え三塁打などで三回までに4点を奪った。六回に岸本の適時打で追加点、七、八回には連打などで栃木を突き放した。先発のビスカヤは7回6奪三振の好投で二回の2点のみに抑えた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる