福島ホープス乱打戦落とす 序盤の失点響く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【新潟―福島】9回に本塁打を放つ福島のボウカー=五泉市営球場

 (16日・五泉市営球場ほか=4試合)

 福島ホープスはビジターで新潟アルビレックスBCと対戦、両チーム合わせて32安打の乱打戦の末、8―15で敗れた。通算成績は7勝4敗で、順位は変わらず3位。

 福島は次戦の20日、ホームの牡丹台球場で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。午後1時開始予定。

 福島は先発園部が初回につかまり5点を失うと、二回から継投した青木も2本の本塁打を浴びて5点を献上するなど主導権を握られた。

 打線は三回に岡下の適時二塁打で1点を返し、四回に福士、五回には赤松の本塁打が飛び出したが、序盤の大量失点が響いた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる