郡山五4連覇 県中体・競泳女子400リレー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
400メートルフリーリレーで4連覇を果たした郡山五の(左から)菅家、山口、渡辺、若林

 第61回県中学校体育大会はメイン会期第2日の23日、各地で競技が行われた。

 競泳の女子400メートルリレーは郡山五が4連覇を飾った。

 郡山五は、6月に結成されたばかりの新しいメンバーで4連覇を果たした。

 予選は2位通過。決勝は第1泳者の菅家成美(2年)が2位でスタート。唯一の1年生、山口ありすがトップに引き上げ渡辺小百合(2年)につないだ。アンカー若林涼(3年)は若松一との接戦になったが、後輩たちの応援を受けて0.7秒の差でゴールした。

 昨年もリレーに出場した菅家は「今年も1番高い表彰台に立ちたかった」と満面の笑み。若林は「応援がプレッシャーを吹き飛ばしてくれた。全国大会でうれし涙を流せるように全力を尽くす」と気持ちを新たにした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる