信夫・曲山、全国標準を突破 県中体・競泳女子100平

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ラスト50メートルを泳ぐ曲山

 第61回県中学校体育大会はメイン会期最終日の24日、各地で14競技が行われ 競泳女子100メートル平泳ぎで優勝した信夫の曲山陽菜(ひな)(3年)は、1分12秒83のタイムで全国標準記録を突破。前日の女子200メートル平泳ぎで大会新記録を出しながらも、標準記録を突破できなかった悔しさを晴らした。

 前日の200メートルの反省を踏まえてフォームが崩れないよう意識し、前半の勢いを保ったままラスト50メートルを泳ぎ切った。「自分に自信がついたレース」と曲山。「全国大会ではもっとタイムを縮め、入賞を目指す」と新たな目標を語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず