平三・杉山が初の全国切符 県中体・男子100バタフライ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
勢いのある泳ぎをみせる杉山

 第61回県中学校体育大会はメイン会期最終日の24日、各地で14競技が行われ 競泳男子100メートルバタフライを制した平三中の杉山尚輝(3年)は予選で58秒14のタイムを出し、全国標準記録を突破、全国大会出場を決めた。

 予選で1分を切るタイムを出したのは杉山のみ。「後半に勢いを落とさないように注意し、イメージしていた泳ぎができた」と笑顔で振り返った。飛び込みから素早く浮き上がるために手だけでなく体全体を使い、息継ぎの回数も減らすなど考えられる工夫は全て取り入れた。初めての全国切符に「他の選手はレース前にどんな準備をしているのか勉強したい。もっとタイムを縮め、決勝レースに出たい」と闘志を燃やした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる