日大東北・鈴木8位入賞 全国高校総体・男子円盤投げ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【陸上男子円盤投げ】8位入賞した日大東北の鈴木翔=三重県・交通Gスポーツの杜伊勢陸上競技場

 全国高校総体(インターハイ)「東海総体2018」第3日は3日、岐阜県の中山公園陸上競技場などで行われ、陸上は男子円盤投げで鈴木翔(日大東北)が44メートル65で8位入賞した。

 男子円盤投げで8位入賞の鈴木は「決勝で記録を伸ばせなかった」と悔しがった。

 1投目で44メートル60と、決勝トップ8に残る好記録を出した。3投目で5センチ距離を伸ばしたが、4投目以降は円盤にうまく力が伝わらず、不本意な結果に終わった。

 「すごい人たち」との戦い刺激に

 決勝では、アジアジュニア陸上銅メダリスト山下航生(岐阜・市岐阜商3年)が58メートル02の高校新記録をマーク。目の前で強さを見せつけられ刺激になった。「すごい人たちと投げられた。この経験を次に生かす」と鈴木は気持ちを切り替えた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる